Lift Etage 20th Aug 2007 opening 20th from 11h

リフトエタージェ 平成19年8月20日 開演20日5時

最初に堅い革をどのようにして服に使用出来るか?というところから今回の開発が始まった。その中でタン二ングの工程をプロダクションした後に行うという大胆な方法が生み出された。これは皮革の状態、云わゆる"ハイド"といわれる状態(皮革を動物から剥がし、薬品にて毛の部分を排除し、肉の部分を取り除いた段階の皮革)の革を水に浸す事で通常厚みの有る革(0.7)がかなり柔らかくなり容易にステッチを入れる事が出来る。又、この革は乾燥すると1.5位に5分程度ですぐなりステッチがくっきりと革に食い込み、より強度を増す。又、この手法を用いた革を使用する事で、関節部分(ジョイント部分)にストレスなく動きをサポートする為の特別なディテールが開発された。


次の段階としてベーシックトラウザーの新たな開発が、今回のコレクションに取り入れられた。これは'07SSに2D(フラットスト-リー)のストーリーが開発されたので、今回は全くその逆のボリュームのアプローチへ展開された。例えば、ベーシックトラウザーはjointのディテールが使用されたアイテムが登場しbox trouserはデニム素材+オーバーロック仕様のアイテムが登場した。


今回は更にニューステッチのストーリーが開発された。これはオーバーロックと対極のストーリーで、細小のステッチをパーツとパーツのジョイント部分の内側に施す事で強度が与えられ、又表面にオーバーロックのようにステッチが一切見えてこないシステムである。


ジャケット等のポケット部分には新しいディテールとして”レターポケット”が開発された。これはpostの入り口の様に、フラップの両サイドがフィックスされているもので、又裏返すとタマブチポケットになっているものである。


レザーシューズに関しては現在、開発最終段階ではあるが、ドンキーのコードバンを世界で初めて使用したもので、これは4足生産した内の3足がダメージを受けるという非常に繊細で実験的な開発である。


First of all, we asked ourselves “how can we use hard and tough leather for garments?” to begin this project. Out of many methods, a bold idea of having the tanning process being done after the production came up. This means having it as raw leather, also known as the state of “hyde”, where the leather is peeled off the animal and the body hair is cleansed off with chemicals. Then this leather is soaked into water, so that it becomes soft enough for the stitching to be done easily. Also, this particular leather allows the stitches to be visible after drying it for about 5 minutes, and it strengthens the bond on the surface, which improves the quality of the leather. Using this leather, which is crafted with this method, a detail was invented in order to make the joints stress-free while working on it.


As a second step, the correction and the innovation of basic trousers became a part of this collection. In the ‘07SS collection, a 2D story was shown, so this time the approach was to make it an opposing one to the past. For example, an item which uses the details of the joints are used on the basic-trousers, whereas denim-materials and over-locks were used for the box-trousers.


This time, a even-more new stitch story was invented. This is the complete opposite story to the over-lock, where small stitches are done inside the joints between the parts to enhance the toughness, and the stitches won’t be visible.


On the pockets of garments such as jackets, are the new ideas of “letter pockets” set. This looks exactly like the entrance of the post with the flamps on both sides are fixed, and when it is reversed, a petit-sized pocket reveals itself.


In terms of leather shoes, the development is on its final stage but it is very delicate and experimental as it is the first time where donkey’s cordovans are used. 3 pairs out of 4 pairs that have been made have been damaged during the development, which proves its delicateness.


Posted by lift at 20.8.07