”檻の中の人”


都会に住む人々が無意識の内に感じている束縛感、不自由、違和感、手の届きそうな所に存在する自由そういった現実と向き合った環境それは正に”檻の中”といえるのではないだろうか?

その制限された環境の中で疑似変装や、脱線感覚等を体感する。そういった試みが’01年のミラノコレクション時にプレゼンテーションという方法で実現した。実際に檻の中に(場末の犬の保健所)人々が入り、そこを訪れたオブザーバーが客観視するといった形態である。そこには人間の束縛されているという現実がある。


コレクションの内容は、極端に角張ったショルダーラインのアウターコート(束縛を意味するもの)や左右逆に向いているブーツ、シースルーのレザーグローブ、トルネードしたトラウザー、規則正しくラインの入ったトラウザー、まるでバイクの荷紐のようなベルト等のアイテムが特徴的で、全体的にはグレーのカラートーンでまとまっている(これは都会を意味するものであろう)


Is it possible to think that the people who lives in city area lives in a “cage” where people have unconscious restraining, disability and freedom which can be seen but not reached? In that restricted environment, the sense of derailing can be possible. This method was tried at the presentation held in the ’01 Milan collection. Real human beings were locked up in a cage, and were observed from the outside to reflect the idea of restrictions that we have in reality.


The collection’s items can all symbolize the word “restriction”. The outer coat that has a very extreme shoulder line, boots which has the opposite shape comparing to the normal ones, transparent leather gloves, turned and twisted trousers, a pair of trousers with straight lines going through them, a belt which is as thin as the load strings on motorbikes, and so on. They all have a gray colour tone, giving off the impression of the city areas.


Posted by lift at 1.8.01