Lift Etage from 15th Feb 2008 opening 15th 5h

CAROL CHRISTIAN POELL" 0 " と題されたこのインスタレーションはMILANOにある古い工場跡で行われた'08SSコレクションの発表に端を発した。このプレゼンテーションはその工場跡のオープンスペースにあるトイレを使用し作品を展示するという形式で発表された。排水溝に向かってハンギングされたリップストップが使用された作品は限りなく透明感を放ち、上から差し込む光は作品の特徴をより強調する。光に見えなくなる透明の糸を使用したテーラーのジョインティング・ポイントは限りなく無に等しくなる。リフトではこの特質を最大限反映させる為に、一番光が差し込むウインドーの内側を特別は白いシートで覆い、スペースの内側には光を妨げないように工業的な環境で使用されるPVCのカーテンにより空間が仕切られた。


The installation titled “CAROL CHRISTIAN POELL" 0 " was used for presentation for the ’08 SS collection in an abandoned factory in Milan. The collection was presented in the form of using the toilets in this open space. The rip-stop that is hanged towards the drains emphasizes the transparency of the pieces, and the lightings that come from above enlighten the specialty even more. The transparent strings that are used become almost nothing as the light shines them. In the lift, to maximize this characteristic, the window that had the light coming in the most, was covered with white sheet, and the space inside was divided using PVC curtains, which are mostly used for industrial environments.


Posted by lift at 15.2.08