Lift Etage 05th Feb 2007 opening 05th from 11h

リフトエタージェ 平成1905日 開演0511

" PARANOID " パラノイド

パラノイドと題されたこのインスタレーションはミラノのCCPの所在する場所の一角に設営された仮の空間をエタージュ内に再現する事を目的としたプロジェクトである。その空間は全てコンクリートボードで仕切られた空間の中に、エスケープ用のラダーが中央に配備され、床は床下から噴火したのごとく、所々が爆発している。又、圧力によりフラットになった靴達や平面パターンによるアイテムや紙と革がボンディングされたアイテムそしてねじれ。時間軸のねじれを感じさせる空間はスピードと伝統が交差する場所。それらを基本コンセプトとして空間は造られた。


This project named “Paranoid” is an idea where an unreal space in Milan’s C.C.P Is being re-created within Lift étage,. That space is all divided up with concrete boards, a latter, originally for the purpose of escaping, is placed in the centre of the room and the floors seemed to have had few explosions. Shoes are compressed to flat and is bonded with papers, leathers and other flat objects to be twisted. The twist represents the twist in time, where the speed meets tradition. Making that the basic concept, the space was created.


Posted by lift at 5.2.07