Lift Etage 05th Aug 2006 opening 05th from 11h

リフトエタージェ 平成180805日 開演05

" B-Sides "と名付けられたCarol Christian Poell '06-07AW


シーズンのコレクションは、リバーシブルではなくダブルといわれるテクニックで開発されたもので、それぞれが全く異なる顔のアイテムを一着にしたというものである。又、素材自体がそれぞれ違うテキスタイルをボンディングしたものや、より面を強調する2ダイメンション、3ダイメンションのストーリーから開発されたアイテム等が主な今期の特徴といえるであろう。


" B-sides " の意味は云うなればレコードのように2面あるものに共通するもので、個々の個性を共有、強調する事に意味があり、又、新たな視点によりそこからの発見を見いだすものである。Carolは毎シーズン、自身のコレクションの中にシーズンのテーマを象徴する象徴物を発表しているが、今回はこのビッググローブが最も象徴的なアイテムといえよう。


Dans la collection '06 - '07 A/W de Carol Christian Poell qui est nommée "B-side", il a exprimé ses oeuvres qui sesont units les deux faces differents par sa "technique--double". En meme temps, les ouvrages qui sont présentés par 3D ou 2D, ont fait par des textiles variées ont caractérisé cette collection.


"B-sides", c'est a dire qu'il a deux faces differents commeun disque, donc la nouvelle découverte par la copropriété et l'accentuation des personalités est plutot une nécessité. Carol présente un symbole dans sa collection toute les saisons, cette fois-ci, on peut dire que ce " Big Glove " est le plus symbolique oeuvre.


Posted by lift at 5.8.06