Lift Ecru from 1st Aug 2003 opening 1st 5h

リフトエクリュ 平成15日から

Carol Christian poell '03-04A/W のコレクションは構造解析を基本コンセプト(コレクションを初めてから現在迄の固定的コンセプト)にトラディショナルな素材やその製法、使用方法等を彼の視点を通して表現しました。中でもこPVC(NonMaterial 無素材)の素材のアイテムは人工的なプロセスを通じて製造された素材を、もっともトラディショナルなクロケットセーターに落とし込んで手作業により製作されたアイテムです。又これは、編み込むという事で温度を保ち同時に空気の循環をも可能となりました。


もともとPVCは無菌室等の場所で使用する目的で開発されました。室内の温度を保ち、透明である事で外部とのコミュニケーションが保たれる。即ち"Temporaly protection" (仮の保護)が結果そこに存在する訳です。


この度、この事にインスパイアーされ、又ミラノの彼のアトリエ内に設営されたテント(移動可能なスペース)は同時にSpace in protection(保護の中のスペース)の意から、人がスペース内のハンギングされた作品の後ろに立つ時、そのイメージはライブ・プロジェクションにより更衣室(個人のプライバシーが守られる空間)にトランスポート(移動)するという実験的はライブパフォーマンスを行っております。これは同時に意図しない環境での、空間の共有や保護を意味しており、人々の感受性に直接アプローチするものです。


Carol Christian Poell’s '03-04A/W collection had “structure analysis” as its concept, explaining the traditional methods, its materials and production method from his own perspective. Out of all, the PVC material item started off with man-made materials through machineries and processes to end up in a croquette sweater. By sewing this material together, the temperature is kept constant and allows air to circulate.


Originally, PVC was invented to have it used in places such as sterilized rooms. Keeping the room temperature and being able to communicate with the outside through transparent surface, keeps them intact. Therefore the “temporary protection” exists.


Been inspired by this idea, when people visit his atelier in Milan and see the items from behind where it hanged, the captured image will be transported to changing rooms (where privacy is respected) as a experimental live performance. This live performance portrays our actions in a shared space when it is done unconsciously, such as the atelier.


Posted by lift at 1.8.03